Q&A

アスタリフトジェリーのデメリットとは?見落しがちな3つの落とし穴

まいこ
アスタリフトって評判いいけどデメリットってないのかな?

 

ネットで調べていると、アスタリフトジェリーの評判はすこぶる良いですよね。

でも高評価ばかりだとデメリットはないの?と疑いたくなってしまうのは、私だけでしょうか^_^;

 

 

そこで今回はアスタリフトジェリーデメリットについて、見落としがちな3つの落とし穴をご紹介していきます。

実際にアスタリフトジェリーを使ってみた上での意見ですので、これから使う人の参考になるかと思います^^

 

アスタリフトジェリーのデメリットその1:色がつく

アスタリフトジェリーは特徴的な赤い色をしています。

 

 

 

この赤い色が結構目立つので、肌に赤い色がついてしまう、と感じている人もいるようです。

 

 

こんな口コミもありました。

 

24歳、混合肌の女性

使い続けていると肌がうっすらオレンジ色になるのが最大の難点...

 

 

実際に私も使ってみましたが、確かに肌に塗るとギョっとするくらい、赤い色が目立ちます。

 

手に取ってみた感じがこちらです↓

 

 

 

これは最初だけで肌に伸ばして馴染ませていくと、すーっと色が消えていくので、そのまま赤い色が肌に残るわけではありませんが…

ただ、元々色白の方だったりすると、少しでも色がつくことが気になってしまうかもしれません。

 

アスタリフトジェリーのデメリット2:ライン使いしないと効果が半減

アスタリフトは富士フィルムのスキンケアラインで、先行美容液、化粧水、美容液、クリーム・乳液をセットで使うことが勧められています。

それで、どのスキンケアラインでもそうなのですが、フルで使ったほうが一番効果が出ます。

言い換えると、アスタリフトジェリーだけを使うと効果が半減してしまう可能性があるということです。

 

 

41歳、混合肌、女性

アスタリフトはシリーズで使っていますが、このジェルを最初に塗ると一日中潤いが続きます。

塗るのと塗らないのでは全く違います。ジェルのおかげで毎年乾燥知らずです。

 

 

できればアスタリフトジェリーだけでなく、アスタリフトをフルラインで使うのが理想ですが、値段が高めなので、やむなくアスタリフトジェリーだけ、という風に選抜して使う方も多いです。

 

 

ただ、

個人的には使ってみた感想からすると、アスタリフトのラインの中でも、アスタリフトジェリー→化粧水の流れは外せないと思いました。

アスタリフトジェリーを塗ってからアスタリフトの化粧水を塗ると、本当に肌がもっちりします。

これがアスタリフトジェリーと他のブランドの化粧水の組み合わせではここまでの効果を感じられない可能性があります。

すべてを試したわけではないので、はっきりとは言えませんが^_^;

 

 

一つ例を出します。

アスタリフトジェリーを塗った後に、ドラッグストアで買えるハトムギ化粧水を使ってみました。

アスタリフトジェリー→アスタリフト化粧水と使った時に比べて、肌のモチモチ感が少ないように感じました。

なんというか、アスタリフトジェリーはもっちりしているのに比べて、ハトムギ化粧水はテクスチャーがさらっとしていますからね。

せっかくのジェリーが流れてしまうというか。

 

 

なので、アスタリフトジェリーと他のブランドの化粧水を組み合わせる時は、どちらかというととろみのあるテクスチャーの化粧水のほうが良いかもしれません。

 

このように、アスタリフトジェリーだけを使う時には、どの化粧水と合うか?と相性を調べる必要があるので、

その組み合わせを探る手間もデメリットだと思います。

 

アスタリフトジェリーのデメリット3:値段が高い

アスタリフトジェリーのデメリットとしてよく言われるのが値段が高いことです。

 

使うと肌がモッチリふっくらします。オレンジ色のジェルですが、肌に馴染ませると色は感じません。

使用感はとっても好きなのですが、お値段がちょっとお高いので、今はお休みしていますが、おすすめの商品です。

 

 

アスタリフトジェリーは2種類ありますが、60gで12,000円(税抜)、40gで9,000円(税抜)します。

これはアスタリフトの他のアイテムと比べても群を抜いて高いです。

 

 

それでちょっと手が出せなかったり、

続けたくても続けられないという意見が見られました。

 

 

ここまでアスタリフトジェリーのデメリットについて解説してきました。

ただ、これも一部の意見ですし、本当にそんなにデメリットだらけの商品なら、愛用者80万人を突破するほどの人気商品になるわけがありませんよね。

そこで、次の項目では、アスタリフトジェリーのデメリットを別の観点から解説していきます。

 

アスタリフトジェリーの赤い色について。色素沈着はしない

アスタリフトジェリーは赤い色が特徴的で、肌に色がつく、色素沈着するんじゃないの?と心配されている方も多いと思います。

 

 

この色素沈着についてですが、アスタリフトの公式サイトでは以下のように回答されていました。

 

Q.アスタリフト(アスタキサンチン)の赤い色素は肌に沈着しないのでしょうか?

 

A.肌への色素沈着の心配はありません。どうぞ安心してお使いください。

 

 

公式サイトでは肌への色素沈着はないと断言されています。

 

 

大企業の富士フィルムがこう言っているので、これは信用できるのではないでしょうか。

アスタリフト自体が、写真フィルムの研究で有名な富士フィルムが研究に研究を重ねて生み出されたスキンケアラインなので^_^

なので、これで色がつくというデメリットは消えると思います。

 

 

そもそもなぜアスタリフトジェリーが赤い色をしているのか?について解説していきます。

これはアスタキサンチンという美容成分が由来の色です。

 

 

アスタキサンチンとは?

自然界に存在する赤い天然色素。サケの切り身やエビ、イクラなどに含まれる。

抗酸化作用が強い。

 

 

肌は紫外線によって大きなダメージを受けます。

紫外線は細胞を傷つけるだけでなく、活性酸素を発生させ、細胞の生まれ変わりを手助けする酵素の働きを妨害し、老化を加速させるという恐ろしい影響を及ぼします。

これを防いでくれるのが抗酸化作用のある美容成分です。

抗酸化力が肌が紫外線でさびたり、老化が進むのを防止してくれます。

 

 

つまり、アスタキサンチンがふんだんに使われているアスタリフトジェリーはアンチエイジングに最適なんです。

あの赤い色は、強いアンチエイジング力があることの証拠なんですね。

 

 

これを知るとあの赤いジェルがとても価値があるものであることがわかると思います。

 

 

ただ、個人差はありますので、どうしても赤い色が気になるという方は使わないほうが無難です。

 

アスタリフトジェリーのライン使いについて。しなくてもいい

アスタリフトジェリーはライン使いすることが推奨されていますが、マストでありません。

アスタリフトのラインの中でも一番人気があり、効果が期待できると評判のアスタリフトジェリーだけを使っている人もたくさんいます。

 

 

アスタリフトジェリーは先行美容液で、次につける化粧水の入りを良くしてくれるので、他の化粧水と組み合わせても使用可能なんですね。

 

 

ただ、相性というのはあるので、アスタリフトジェリーと合う化粧水と組み合わせて使うのがおすすめです。

 

アスタリフトジェリーの値段について。高いのには理由がある

アスタリフトジェリーの値段が高いのはよく言われるデメリットです。

 

 

しかし、その品質を見てみると、この値段が品質相応のものであることがわかります。

 

 

アスタリフトジェリーには、富士フィルムの独自の技術で開発された、Wヒト型ナノセラミドが配合されています。

セラミドはよく化粧水に含まれているうるおい成分ですが、実は原材料は、植物由来だったり、動物由来だったりします。

この中でも、一番人間の肌になじみがよいのは、ヒト由来のセラミドです。

 

 

アスタリフトジェリーのセラミドは人の肌に存在するセラミドと同じ型の2種類のセラミドが配合されています。

更に独自の技術で細胞より小さいサイズにまでナノ化しているので、肌の隙間に馴染みやすく、しっかり浸透するようになっています。

 

 

このような品質の高さから、

アスタリフトジェリーはアスタリフトのラインの中でも最も人気があり、愛用者は80万人を超えています。

(※2007年9月~2019年6月まで。富士フィルムヘルスケアラボラトリー調べ)

 

 

これだけの技術が詰まっており、効果を実感している人が多いことからすると、60gで12,000円という、この値段は妥当なものではないでしょうか。

 

 

アスタリフトジェリーと同じように、化粧水前につけるブースターで人気があるのが「コスメデコルテ モイスチュア リポソーム」ですが、こちらは60mlで14,580円(税込)します。

それに比べると、アスタリフトジェリーはむしろ安いです。

 

アスタリフトジェリーが格安で試せる!

アスタリフトジェリーをまずは試したい、という方にはトライアルセットがおすすめです。

 

 

トライアルセットなら、1,000円(税抜)+送料無料でアスタリフトのフルラインを試すことができます。

 

 

内容はこちらです。

 

 

メモ

  • ジェリー状“先行”美容液:5g
  • モイストローション(化粧水):18mL
  • エッセンス デスティニー(美容液):5mL
  • クリーム(クリーム):5g

 

 

こんなパッケージで届きます。

使い方についても丁寧に説明されているので、迷うことはありません。

 

 

 

いきなり本体を買うのはリスクが高い、という方にはこのトライアルセットでまずは試してみることをおすすめします。

 

 

このアスタリフトのトライアルセットは公式サイトだけで購入できます。

 

↓↓↓↓アスタリフトジェリーお試し↓↓↓↓

公式サイトはこちらから

今だけ!2回分増量中!

-Q&A
-

Copyright© アスタリフトジェリーの口コミ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.